運転免許の資格を取得する為の勉強

運転免許学科試験に一発合格するための勉強法

どのように勉強するべきか

基本は「教科書通りに」

学科試験に合格するためにしておくべき勉強として、まずは学科講習を真面目に受けるというものがあります。
基本的には、学科試験で出題されるのは学科講習で扱われたものですから、それを真面目に聞いていれば問題は解けるはずです。

また、学科講習では問題集が配られます。
その問題集を解くのも効率的な勉強です。
問題集は教習所の教官の方が学科試験に受かるために良いものを選んでいるはずですから、それをしっかりと解けるようになっていれば試験もパスすることができるでしょう。
逆に、全く問題集を解かずに試験に合格するのは非常に難しいと言わざるを得ないと思います。
素直に配られた問題集を一通りきちんと解いておけば試験でどのような問題が出るかも把握できます。

過去問で問題に「慣れておく」

もう一つ重要なのが、過去問を解いてみることです。
運転免許の学科試験は、他にはない言い回しが使われていることがままあります。
そのような言い回しに混乱して簡単な問題を間違えてしまうと、合格点が高い学科試験においては致命的になりかねません。
そのようなことを防ぐためにも、過去問を解いておくことは有効な対策になります。

過去問題を解くためには、過去問題集がいくつか出版されているのでそれを買うという方法もありますし、Webやアプリで学科試験の過去問を解くことができるものもたくさんありますので、それを利用するというのもありです。
頻出問題や「ひっかけ」問題などをわかりやすく分類してくれているものもあるので、そういった本やサイトを活用することで合格をさらに確かなものにできます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る