運転免許の資格を取得する為の勉強

運転免許学科試験に一発合格するための勉強法

学科試験は「一発合格」しておきたい

学科試験とはどのような試験?

運転免許の学科試験は100点満点で、そのうち90点を取れば合格です。
100点の内訳は、一問1点の丸バツ問題が90問、一問2点の危険予測問題が5問です。
試験時間は50分です。
危険予測問題はイラスト式で、一問あたり3つの問題があり、その全てに正解しないと点数はもらえません。

仮免許の学科試験の方は、30分で一問2点の丸バツ問題を50問解きます。
合格点は本免許の学科試験と同じ90点です。

運転免許の学科試験の項目は大きく二つに分かれています。
第一段階は運転する際に基本となるルールが中心で、第二段階は応急救護や事故、保険などについての問題が出されます。
仮免許の際は第一段階のみが出題されますが、本免許の学科試験は全てが範囲になるので難易度は上がります。

油断禁物!なめてかかっては落ちかねない

基本的には、学科試験は誰でも合格することができるはずですが、きちんと勉強していないと落ちてしまう可能性ももちろんあります。
不合格の場合は再度手数料を払って受け直さなければならないので、しっかり一発で合格しておきたいものです。

運転免許の学科試験は、まず知識として押さえておかなければいけないことがそれなりにあるのに加えて、この試験特有の言い回しであったり、「ひっかけ」のような問題が出たりすることもあります。
そのような問題に対応することも勉強する目的の一つになります。
合格点が高いので、簡単な問題をうっかり間違えてしまうということが致命的になりかねません。

ちなみに、学科試験の合格率は約7割ということです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る