運転免許の資格を取得する為の勉強

運転免許学科試験に一発合格するための勉強法

便利な自動車・運転免許

運転免許を取るまでの流れとかかる時間

まず、運転免許を取得するための流れを説明します。
基本的には、運転免許を取得するためには教習所で学科講習と技能講習と呼ばれる2種類の講習を受け、それぞれで試験を受けて合格しなければなりません。

教習所は、通学や仕事をしながら空いた時間で通うという方法と、二週間ほどのまとまった時間教習所に泊まり全てのカリキュラムを終える合宿という方法と2種類あります。
通いの場合はカリキュラムを全て終えるのに数ヶ月ほどかかるのに対し、合宿ならば数週間で終えることができます。
また、合宿の方が安く済むようなプランも多いのが特徴です。

教習所でのカリキュラムを終えると、免許センターや運転免許試験場で適性検査と学科試験を受け、それに合格となると免許を取得することができます。

合格しなければいけない二つの試験

運転免許を取るために受けなければいけない試験は、学科試験と技能試験と2種類あります。
学科試験の方が、一般的に「勉強」をしなければいけない試験でしょう。

学科試験は免許取得までに二回合格する必要があります。
1回目は、「仮免許」を取得するための効果測定と言われる試験です。
仮免許は路上での練習をするために必要な免許です。

2回目は教習所でのカリキュラムを全て終えた後、本免許を取るために受ける学科試験です。
これは教習所ではなく、自分が住んでいる地域の免許センターや運転免許試験場で受ける必要があります。

学科試験に合格した後に行われる適性試験は、視力や簡単な運動能力を測るものですので、基本的には自動車学校を卒業できるくらいの身体能力があれば落ちることはありません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る